剥製工房★GALAXY > ブラックバス剥製作品集

ブラックバス剥製作品集

画像をクリックしてください。アップの画像に切り替わります。
形や塗装のコンセプトや制作過程におけるこぼれ話・感想などを記載致しましたので、画像と合わせてご覧ください。

No. 写真 販売 コメント
魚の全長
01 - 琵琶湖のロクマルのブラックバスの剥製です。
琵琶湖のロクマルとしては、標準的な体型、色彩の魚ですが、この作品は、
ブラックバスの剥製の中で、もっとも人気のある形とボードの組み合わせです。
作品集には、多くのパターンの作品を掲載していますので、
もしか迷われることがありましたら、口あけ加工ありの場合はこの01番、
口あけ加工なしの場合は02番をオススメします。
60cm
02 - 琵琶湖のロクマルのブラックバス剥製です。
琵琶湖のブラックバスとしては、最も標準的な体型の魚です。
ごく自然なスタイルで、色彩に至るまで、全てオーソドックスに仕上げました。
これが、剥製の、一番基本的なスタイルになると思います。
口あけ加工に拘られる方が多いですが、「口あけにしないと見栄えがしない!」
なんてことは、全くありませんヨ。 念のため・・・
61cm
03 - スモールマウスバスの剥製です。
赤い目と、グリーンがかったイエローブラウン色のボディ、
ゴールドに輝くウロコのコントラストが、とってもいい雰囲気を醸し出していますね。
背中のライトアップの画像も是非見て下さいね!
スモールは口あけ加工にするよりも、頭を小さく制作した方が、
体高が強調されてかっこいいですね。
48cm
04 - 琵琶湖北湖のスーパーランカーのブラックバスの剥製です。
ご要望により、北湖スペシャル塗装で仕上げました。
これぞ北湖!という色彩ですが、南湖のバスとの違いが分かりますでしょうか??
目玉は丸型瞳にブルーメタリックを入れた、こちらもスペシャル仕様です。
ほとんどは出来ますので、拘りがあれば、なんでもおっしゃってくださいね。
ボードはナチュラルな杢が入った、栃の銘木ボードです。
68cm
05 - 琵琶湖のブラックバスの剥製です。
「釣りキチ三平」のような、上に思い切り反り曲がった形でダイナミックに・・・
とのご要望で、限界まで上に反らせて、激しく、動きのある形を表現しました。
「釣りキチ三平」・・・この表現がまた、とってもいいですね。
以後、この形を勝手に? 「釣りキチ三平バージョン」 と呼ばせて頂いております。
琵琶湖北湖の魚で、「北湖スペシャルバージョン」で仕上げました。
56cm
06 - 九州で釣られたブラックバスの剥製です。
ブラックボード+流木は「ブラックバスの剥製限定スペシャルバージョン」です。
ホワイトボードに取り付けると、より魚のコントラストが際立ちますが、
ブラックボードに取り付けると、とってもシックで渋い印象ですね。
出来れば・・・暗い部屋で、電球でライトアップして、間接照明で見てほしい作品です。
53cm
07 - 琵琶湖のロクマルのブラックバスの剥製です。
仕上げは、魚類剥製の世界ではごく一般的な「ノーマルコーティング」の作品です。
クリスタルガラスコーティングとの違いは、この画像をご覧いただくのが、いいかと思います。
画像からは、ウロコの1枚1枚の凹凸がよく分かると思います。
全てオーダーメイドですので、ご要望があれば、おっしゃってくださいね。
61cm
08 - 琵琶湖のロクマルのブラックバスの剥製です。
琵琶湖の形のボードは、他工房の作品で見たことがあるので、掲載しませんでしたが、
最近は、多くのお問い合わせいただくので、掲載することとしました。
これは当工房で琵琶湖の形にカットし、お洒落なラメ入りのブルーのカッティングシート
を貼り付けたものですが、光によってまるで水面のように輝く様は、雰囲気抜群ですね。
61cm
09 - 複雑なオダにタイトに着くブラックバス、そこをピンポイントで攻めるアングラー・・・
オダの際ギリギリに落ちて来るルアーに反応し、巻き込むように反転しながら
バイトする瞬間をイメージして製作した作品です。
口を大きく開けて、さらに大きく曲げて迫力を出し、口の中はやや赤っぽく塗装しました。
ブラックボード+流木のブラックバスの剥製限定スペシャルバージョンです。
60cm
10 - 50アップのスモールマウスバスの剥製です。
スモールは死んでしまうと、ほとんどが黒っぽく変色するのですが、
これは、珍しく白っぽく色抜けした個体です。
黒いキャンバスに描くか、白いキャンバスに描くかの違いで、当然、
塗装方法も仕上がりも大きく異なりますが、画像ではわかりづらいですね・・・
これは魚の持つ色素の問題なので、人間が変えられる訳ではないですが、
それぞれに良さがあるので、結局、良い所を出していくのがベストだと思います。
54cm
11 - 琵琶湖南湖のロクマルのブラックバスの剥製です。
体型から口の大きさ、色彩に至るまで、いかにも「南湖のバス!」ですね。
ブラックボード+アクリルケースバージョンですが、背面ボードを黒にすると、
雰囲気がガラリと変わって、高級感が出ます。
ご要望により、コブ薄板を入れて、HITルアーを取付ましたが、ここまですると、
もうルアーメーカーの本社の入口のギャラリーにでもありそうなイメージですね。
62cm
12 - スタンドタイプのブラックバスの剥製です。
壁掛けにすることも可能なので、時々イメージチェンジで変えてみるのもいいですね。
雰囲気がガラリと変わるので、とっても新鮮でオススメです。
東京からのアングラーの方が、ショアからこのサイズを釣られたことは、
尊敬に値すると同時に、多くの遠征アングラーに夢を与えてくれることでしょうね。
66cm
13 - 芦ノ湖のモンスターバスの剥製です。
長い歴史がある大きな湖には、やっぱりデカいのがいますね。
バス(フロリダ)発祥の地だけあって、ここと池原のバスは特別な感じがします。
無垢の一枚板に2匹掛けとしましたが、より、躍動感が出ますね。
部屋にはちょっと大きいかもしれませんが、お店やロッジなんかに飾ると
最高に見栄えがすると思います!
60,5cm、58cm
14 - ランカーサイズのスモールマウスバスの剥製です。
スモールマウスの場合は、口あけ加工にすることは少なく、
また、オススメすることもないので、珍しい作品かもしれませんね。
素がカッコイイ魚なので、何をしてもやっぱりカッコイイ魚ですね。
ただ・・・口がバスよりも小さいので、
40cm以下のスモールマウスの口開けは、けっこう大変ですが・・・
51cm
15 - 琵琶湖北湖の極太のブラックバスの剥製です。
とっても珍しい逆曲げverですが、コンセプトはシーバス作品集4と同じです。
水面直下で、反転しながらベイトを捕食した瞬間のバスです。
ウエーディングしていると、ピックアップす寸前に、ギラッと見えてゴン!!
ということ、よくありますよね、まさにその瞬間のイメージです。
他の作品と少し方向性が違うので、こんな形の作品も面白いですね。
62cm
16 - 大きな口を開けて、水面のベイトに襲いかかる瞬間のブラックバスの剥製です。
50cm前後のサイズのブラックバスは大きく曲げたり、動きを表現すると、
とっても味のあるおもしろい作品になりますね!
ダイナミックな形に合うよう、木目がハッキリした、
変化のある無垢の天然板を使用しましたが、剥製との相性もいいですね。
49cm
17 - 琵琶湖のナナマルのブラックバスの剥製、アクリルケース仕様です。
さらに・・・HITルアーを、口の中の全く同じ位置に取付け、
アクリルケース内にメープルコブ薄板を入れた、「超!スペシャルバージョン」です。
ロクマルを見慣れているアングラーでさえも、思わず息を飲むほどの、
その圧倒的なド迫力はまさに、モンスターだけが持つ存在感。
「いつかは自分も・・・」この魚が多くの人に夢を与えたことでしょうね。
70cm
18 - スモールマウスバスの剥製です。
もっともオーソドックスで自然な形・色彩で仕上げました。
スモールマウスの場合、口あけにしない方が、腹の太さや体高が強調されて、
個人的には、カッコいい感じがしますが、どうでしょうか?
もちろんご依頼人様の好みやイメージが大切なので、
両方の作品を掲載してますので、是非、比べてみてくださいね。
48cm
19 - スタンドタイプ + 流木仕様の、ブラックバスの剥製です。
スタンド + 流木も珍しいですが、下曲げ、口あけ加工のバスの剥製も少ないので、
これらの組み合わせとなると、とっても希少なので、掲載してみました。
簡単に壁掛けタイプにも変更できますので、時々変えてみるのもいいですね。
全く違う作品に見えるので、2wayタイプはオススメです。
56cm
20 - フロリダバスの聖地、池原貯水池(池原ダム)のブラックバスの剥製です。
琵琶湖にもフロリダ系のバスはいますが、明らかに形も色彩も違いますね。
琵琶湖は複雑な交配が進んだから?外見からは判別の難しい魚が多いです。
池原ダムの場合は、どこから見ても「フロリダバス!」という魚がまだまだ多いですね。
ダム湖の魚は色彩がくっきり出るから、特徴が出やすいのかもしれませんね。
池原の特徴を最大限に表現した 「池原スペシャルバージョン」 です!
69cm
No. 写真 販売 コメント
魚の全長
21 - 【拡大画像なし】
当工房の地元、淀川でGETされたブラックバスの剥製です。
コンセプトは、オダの中央に陣取り、自分の縄張りを主張するかのように、
威圧しているブラックバスをイメージして製作した作品です。
ホワイトボード+流木は、ブラックバスの剥製限定の特別仕様です。
56cm
22 - 【拡大画像なし】
口を閉じて尾を少し上げた、最もオーソドックスなスタイルのバスの剥製です。
基本的には左向きに制作しますが、コンディションが左右で大きく異なる場合は、
こちらのグーフィーバージョンをオススメすることもありますので、
やや古い作品ですが、掲載させていただきました。
グリーンを強目に入れた塗装で仕上げました。
45cm
23 - 【拡大画像なし】
琵琶湖のスーパーランカーの剥製です。
迫力のある体型はそのままに、口を大きく開けて侵入者を威嚇するバスのイメージで制作しました。
状態が非常に良かったので、薄めにの塗装で自然に仕上げました。
※ボードはお客様の持ち込みのボードに取り付け致しました。
65cm
24 - 【拡大画像なし】
ストラクチャーにぴったりと自然に寄り添うよう野池のブラックバスです。
一口に野池と言っても千差万別なんですが、独断と偏見による、
「より野池らしいブラックバス」のイメージで塗装してみました。
野池のブラックバスは美しい魚体でなくても、また、記録モノでなくても、
野池バス特有のなんとも言えない深い味わいがありますね。
35cm

剥製工房★GALAXY > ブラックバス剥製作品集 (▲ページの先頭へ

当サイトの文章ならびに画像の無断転用及び無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2005 Galaxy Factory All Right Reserved.