剥製工房★GALAXY > グレ剥製作品集

グレ(メジナ)剥製作品集

画像をクリックしてください。アップの画像に切り替わります。
形や塗装のコンセプトや製作過程におけるこぼれ話・感想などを記載致しましたので、
画像と合わせてご覧ください。

No. 写真 販売 コメント
魚種・全長
01 - 50cmオーバーの口太グレの剥製・アクリルケース仕様です。
これはグリーン系のグレですが、同じグレでも、尾長の場合はモスやカーキのような
グリーンが多いのですが、口太の場合は、青く澄んだグリーンの魚が多いですね。
千差万別ですので、一概には言えないので、ご要望はなんなりとおっしゃってくださいね。
50cmオーバーはグレ師の夢、是非、期待に胸をはずませてご覧くださいね!
口太グレ・51cm
02 - 4キロ級のオナガグレ(クロメジナ)の剥製です。
オナガグレの色彩はいろいろありますが、グリーンバックで仕上げた作品です。
緑がかったボディに茶色の腹部、ブルーの目玉のコントラストがいいですね。
釣り人の憧れのターゲット、「オナガグレ」の剥製を是非ご覧くださいね。
※この作品は大阪府フィッシングエイト本店様に展示させていただいてます。
尾長グレ・63cm
03 - グレ師の目標でもある、50cmの口太グレの剥製・アクリルケース仕様です。
個人的にも一番好きな、ディープブルーの魚体ですが、単調にならないように、
角度によっていろんな表情になるように、いろんなブルーを吹き分けました。
ぶ厚い粘膜の上から「水の鎧」をまとって、太陽に反射してキラッと輝く瞬間の、
まさにこれが、釣人しか知らない、グレの釣り上げた瞬間の姿です。
口太グレ・50cm
04 - 尾長グレの剥製です。
尾長グレもいろんな色彩の魚がいますが、個人的には、グリーンバックで
ベリーが茶色の魚が、一番「オナガ」らしい気がしますね。
ご要望により、釣り上げた際に使用しておられた針を口に掛けました。
写真や、使用ルアー・・・他、一枚のボードの上に、皆様の思い出をギュッと詰め込んで、
是非、最高のメモリアルにカスタマイズしてくださいね!!
ご要望があれば、出来る限りのことは何でも喜んでさせていただきます!
尾長グレ・51cm
05 - 尾長グレの剥製です。
女性アングラーの方が、初めて釣られた「念願の初クロ」だそうですが、
こんなご依頼は、サイズに限らずとってもうれしいものですね。
塗装は茶色ベースに、尾長らしく背からボディ中央までうすくグリーンを入れました。
ご注文いただく際には、もしか差し支えなければ、こんな素敵なエピソードなども、
是非、お聞かせくださいね。
尾長グレ・43cm
06 - 離島で釣られた、口太グレの剥製です。
離島の寒グレとはいえ、この体型、厚みはハンパないですね。
これは茶色ベースですが、光の加減と、かすかに残る下地の色彩で、青っぽく見えますね。
グレはどうしても単調な色彩に見えますが、決してベタ塗りしているわけではありません。
クリスタルガラスコーティングの下から見えるウロコ模様、見えますでしょうか?
口太グレ・44cm
07 - グレ師の憧れ、60cmオーバーの尾長グレの剥製です。
かなり変色が激しかったのですが、ご依頼者様と相談の上、
ウロコ模様が残り、変色が半減するギリギリのバランスで塗装しました。
グレは変色の激しい魚なので、極力、直接ビニール袋に当たらないように、
お送りくださいね。

尾長グレ・61cm
08 - グレ(メジナ)の場合、動きを表現するのが難しいですが、大きく曲げて口をあけ、
魚拓や写真にはない生命感、躍動感を持たせたグレの剥製です。
記録モノでない場合は、動きで魅せるのもいいですね。
塗装はライトブルーをベースに、黒っぽくならないように、鮮やかに仕上げました。
腹部の色彩のコントラストも合わせてご覧くださいね。
口太グレ・38cm
09 - 個人的に一番好きな、ディープブルーで仕上げた、グレの剥製です。
工房に届いた時は、残念ながら、この魚は全身真っ黒の状態です。
必ずご希望の色彩をお伝え頂くと同時に、釣れた時の画像や、
理想の色彩の画像などを一緒に送っていただくと助かります。
色彩によってイメージが違うので、極力、ご依頼者様のご希望に沿うように・・・
グレ・52cm
10 - グレ(メジナ)は形のバリエーションが少ないのですが、逆に曲げた作品です。
磯にぴったり寄り添うようにつくグレの様子がおわかりになるかと思います。
塗装は、個人的にもっとも好きな、ディープブルーで仕上げました。
単調にならないように、奥からウロコの網目模様がにじみ出る様を表現しました。
口太グレ・36cm
11 - 茶色ベースのオナガグレの剥製です。
個人的にはブルーよりも、こちらの方がオナガグレっぽい色彩です。
暗い部屋でも黒一色に見えないように、ご依頼人様のご希望により、
腹の部分には強い茶色を入れ、目はブルー、ウロコはやや強めに入れました。
グレは単調な色彩になりがちですが、そうならないように、メリハリをつけて塗装しました。
尾長グレ・53cm
12 - 南紀で釣られた、50cmオーバーの口太グレの剥製です。
口太としては、工房のある関西では最大級で、この50cmを目標にされてる方も多いですね。
口太はこのクラスになると、季節にもよりますが、腹パンの個体が増えますね。
実際、腹の中は凄い脂で、食べてもおいしいのですが、色でソンしてますね。
死んでも、このような鮮やかなブルーだといいんですが・・・勿体ない・・・
口太グレ・50.5cm
13 - グレ(メジナ)の色彩は本当に個体差が大きいですね。
これは和歌山のグレですが、ブルーベース、グリーンベース、茶色ベース・・・腹部との組み合わせで何十通りできるのでは?
これは茶色ベースで仕上げたグレの剥製です。
茶色ベースに青い目がアクセントになっていますね。
口太グレ・44cm
14 - 自然に尾を上になびかせた、もっともオーソドックスなスタイルの剥製です。
ディープブルーとし、仕上げはクリスタルガラスコーティングとしました。
口太グレ・40cm
15 - オーソドックスな形に、茶色ベースで仕上げたグレの剥製です。
口太グレ・42cm

工房★GALAXY > グレ剥製作品集 (▲ページの先頭へ

当サイトの文章ならびに画像の無断転用及び無断使用を禁じます。
Copyright (C) 2005 Galaxy Factory All Right Reserved.